医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

TOP 医師アルバイト 短期間で高収入が叶う医師アルバイト

短期間で高収入が叶う医師アルバイト

医師アルバイトは短期間で集中的に収入を稼ぐことができる仕事です。勤務帯は夜間のみの当直や、休日での日直と当直の24時間勤務、検査機関での日直のみの医師求人などさまざまです。

勤務中は病院内に待機する形で、依頼があった時のみの診察となります。短期間で高収入が叶うので、医師バイトを掛け持ちしている医師も多いようです。

例えば、常勤している病院での勤務が終わった後、夜間は地方病院の当直アルバイトを入れてて、翌日また常勤の病院に勤務するというスケジュールが多いようです。帰宅する余裕はありませんが、高収入のために頑張る医師も多いです。

医師アルバイトで医者不足の解消へ

医師バイトという言葉は通常の医師というよりは学生や院生のインターンを示すように聞こえますが、現在は非常勤での医師をアルバイトとして募集するという状況が増えてきています。

能力はあるが一人一人の暮らし方の多様性により、常勤ではなく非常勤医師アルバイトで働けるなら働きたいが、現状は厳しいという医師を医師不足の病院へ繋ぐ事で働く側と医師不足の雇用先の病院とマッチさせる事ができるようになり、雇用と医師不足の現状を打破するための解決法の一つになると期待されています。医師不足に悩む病院と働きたいが常勤は厳しいという医師を結びつけるにはうってつけの方法ではないでしょうか。

医師アルバイトの仕事と現状

医師バイトとの意味合いは、通常所属している病院以外で仕事をしたり、また、フリーター医師として、いくつかの病院で仕事をすることです。一般的な外来診療から、専門的な技術をもつ医師であれば、胃カメラや大腸カメラなどの内視鏡検査や手術時の麻酔だけを行うこともあります。

また、健診や当直バイトもあります。外科であれば、手術だけをしに他の病院に行くこともあります。特に、大学病院などは給料が安い傾向にあり、派遣という形で医師アルバイトを週1日程度している医師が多いです。バイトの給料自体はいいので、アルバイトだけでも食べていくことが可能ですが、安定性を求めてどこかに所属している医師の方が多いです。

医師アルバイトについての関連ページ

医師アルバイトについての考察

医師としての資格を生かして、医師が医師アルバイトをするのは、医師が経験や能力を伸ばすことができる点においては、良いことかもしれません。一つの病院だけに勤めていては、経験できない、医師としてのスキルアップにつながる、様々な人との出会いもあるかもしれません。

しかし、昼間も医師として、一生懸命働いたあとに、夜間も働くなら、医師自身の身体を壊すことになるかもしれませんし、医療ミスを引き起こすような事態にも、最悪なってしまうかもしれません。それで、無理のないように、働く時間にバランスをもたすことが大事でしょう。

MENU

医師の求人特徴を探るHOME   医師求人   医師求人皮膚科   医師求人外科   医師求人産婦人科   医師求人精神科   医師転職   医師転職エージェント   医師転職 製薬会社   医師アルバイト

ページトップへ戻る